2010年05月13日

千歳基地 電気工事で収賄容疑、空自技官を逮捕(毎日新聞)

 航空自衛隊千歳基地(北海道千歳市)の電気設備の保守業務の業者選定に絡み、便宜を図った業者から約200万円を受け取ったとして、北海道警は11日、防衛省技官の空自第2航空団業務群施設課職員、平方雄二容疑者(54)=千歳市北光5=を収賄容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、航空団が06年8月に発注した電気設備の部品交換や保守点検事業で、千歳市内の電気設備業者に非公開の概算価格を漏らすなどし、その見返りとして同年12月に市内で現金約200万円を受け取った疑い。事業はこの業者が受注した。業者側は現金供与を認めているが、昨年12月に贈賄罪の時効(3年)が成立している。

 平方容疑者は05〜08年、施設隊企画係長として基地関連工事の発注や物品納入で設計や仕様の選定を担当し、予定価格の積算業務にも携わっていた。

 道内の防衛関連施設を巡っては、08年2月に旧札幌防衛施設局(現北海道防衛局)の帯広市の出先機関の職員が、工事の入札で業者に予定価格を教える見返りに現金200万円を受け取っていた贈収賄事件が摘発されている。【久野華代、金子淳、片平知宏】

 ◇平方容疑者、企業に顔が広く

 専門職の技官として公共工事の発注業務などに当たっていた平方容疑者。民間企業にも顔が広く、癒着を懸念する業者もあった。

 地元関係者によると、平方容疑者は元空自隊員。電気関係に詳しく、若いころは休日に地元の電気工事会社を手伝うこともあった。今の職場でも、業界同士の集会によく顔を出していたという。

 市内のある電気工事業者は2年ほど前、「地元に顔が利く人だ」と同業者から平方容疑者を紹介された。明るくにぎやかで「名前を売るのが得意だった」と振り返る。一方、繁華街では業者と一緒にいる姿がたびたび目撃されていた。別の業者は「技官と業者が飲むなんてあり得ず、危ないなと思ったことは何回もある」と話す。

 平方容疑者は逮捕前の11日朝、自宅前で毎日新聞の取材に「(業者に便宜を図ったことは)したことがない。現金を受け取ったこともないし、接待もない」と話していた。【円谷美晶、金子淳】

【関連ニュース】
幸田町議汚職:贈賄側の売却益7億円 愛知県警
汚職:贈賄業者が経営再建狙い幸田町議に工作依頼か 愛知
幸田町汚職:容疑の町議 弟から報酬、一部受領
全国町村会:新会長に藤原・長野県川上村長を選出
訃報:安藤忠恕さん69歳=前宮崎県知事 汚職事件上告中

介護保険見直しに向け意見を募集―共産党国会議員団(医療介護CBニュース)
<迷惑防止条例>卑わいな言葉かける…容疑の高校教諭逮捕(毎日新聞)
普天間 「月末に終わらない」 前原氏、協議継続見通し(産経新聞)
【科学】鉄より強いプラスチック開発(産経新聞)
谷亮子氏 参院選に民主から出馬表明 「五輪は金目指す」(毎日新聞)
posted by アベ マサル at 15:13| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

住宅ローン名目4680万円詐取容疑、組員ら4人逮捕(産経新聞)

 住宅ローン名目で金融機関から4680万円をだまし取ったとして、大阪府警捜査4課と住之江署は8日、詐欺容疑で、大阪市東住吉区西今川、山口組系暴力団組員、杉田健司容疑者(49)と、大阪府大東市深野北のイベント会社経営、山根真一容疑者(40)ら4人を逮捕したと発表した。府警によると、杉田容疑者は容疑を認め、山根容疑者は否認しているという。

 逮捕容疑は、平成21年9月、杉田容疑者の自宅購入のため、実際には無職だった杉田容疑者が山根容疑者の会社で働いているとする虚偽の書類を作成し、金融機関に住宅ローンを申請、4680万円の融資を受けたとしている。

 府警によると、同年12月に1度だけ32万円を支払った以降は、返済していなかったという。

【関連記事】
介護マンション詐欺 巧みな手口で勧誘
組長が市営住宅の家賃減免悪用 兵庫県警が逮捕状
「劇場型」の投資勧誘にご用心
現金より金塊を狙う“平成のルパン” 流行に敏感な振り込め詐欺犯たち
振り込め被害970万円 GWで長男帰省、気付く

「撮り鉄」侵入か、JRに遅れ=50歳男性、線路脇に三脚−奈良(時事通信)
雑記帳 「宇宙桜」芽吹く(毎日新聞)
<民主党>小沢一郎幹事長 駐日米大使との会談認める(毎日新聞)
雑記帳 「こち亀」キャラの銅像散策マップ完成 無料配布(毎日新聞)
憲法施行63年 西岡武夫・参院議運委員長「違法状態…極めて遺憾」(産経新聞)
posted by アベ マサル at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

「愚かな首相」は共感を得られるか(産経新聞)

 4月21日の党首討論で、鳩山由紀夫首相が「確かにワシントン・ポストの言われるように、私は愚かな総理かもしれません」と発言した途端、自民党席から「そうだぁ」と合いの手が入った。

 討論相手の谷垣禎一自民党総裁が「日本国総理大臣が『私は愚かだったかもしれない』、なんですかそれは」と突っ込んだのは当たり前で、もっと言えば、「愚か者にはこの国は任せられない。即刻退陣してほしい」ぐらいの強い調子で迫ってもよかったくらいだが、これまで論争相手に対しても紳士的な態度を貫いてきた谷垣氏にしては、かなり強く言った方だろう。

 「愚かだ」という批判に対して、反論するのは結構難しい。「いいえ、私は愚かではありません」というのもなんだか滑稽だし、愚かではないことを証明しろと言われても証明のしようがない。「あんたの方がもっと愚かだ」とでも言えばいいのかもしれないが、それではただの口げんかになってしまう。結局、自分が愚かではないことを実績で示すしかないのだろうが、この党首討論の場ではそれもなかなか難しい。

 鳩山首相はこの発言の後に、米軍普天間飛行場移設問題のこれまでの経過に触れつつ、「しかし、結果として辺野古の海、果たして工事が進んだでしょうか。結果としてあと数年間、何も動かなくなる…」と続けて発言し、現行案を批判する形で、「愚かだ」という指摘への反論を試みているのだが、最初に「愚かだったかもしれない」と言ってしまったのは戦術的に失敗だったかもしれない。言葉は独り歩きし、谷垣氏には突っ込まれるし、マスコミはその発言を集中的に取り上げた。また、自ら愚かだと認めるような発言をする首相が国を運営しているようでは、国民も不安になるだろうし、そんな内閣を支持したくなくなるだろう。

 鳩山首相の発言を聞いて、福田康夫元首相の名(迷?)せりふを思いだしてしまった。平成20年4月9日の党首討論で、福田元首相は日銀正副総裁人事に民主党が同意しないことに業を煮やして、小沢一郎民主党代表(当時)に対して、「(政府は)かわいそうなぐらい苦労しているんですよ」と、民主党側の対応をなじったのだ。福田元首相は、普段人を食ったような発言が多かったが、この発言は珍しく怒りを込めて飾り気のない本音を吐露したものだったので、一定の共感をもって受け止められた。

 ひるがえって、鳩山首相の発言も本音であることには違いないが、共感されるかどうかは、その発言の背後にある事実関係にある。

 福田元首相の発言の場合、日銀人事についての政府・与党と民主党とのやりとりをみて、政府側の言い分と民主党側の言い分のどちらが理不尽だと、国民が考えたか。これは意見の分かれるところだろう。この当時の産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査をみると、日銀人事の混乱の責任については、「政府・与党に責任がある」とした回答が24・7%で、「野党に責任がある」との回答も17・9%あり、さらに、「どちらも同じくらい責任がある」が50・9%もいた。微妙な調査結果ではあるが、ある程度は福田政権に同情する声もあったわけだ。

 ところが、今回の普天間問題についてはどうか。今年3月下旬に実施した合同世論調査では、質問の形式は異なるが、鳩山政権の普天間問題への対応を「評価しない」が73・2%にのぼっているのだ。「評価する」はわずか10・8%である。普天間問題の解決がここまでこじれたのは誰のせいなのか。この点について、それはやはり鳩山首相のせいだろうと多くの人が思っているということならば、この発言によって首相が共感を得ようと思っても無理だろう。

◇…先週の永田町語録…◇

(19日)

 ▽国交相ベースに

 鳩山由紀夫首相 (政府・民主党首脳会議で)取り上げるかは聞いてない。政府の中でどう判断するかだが、前原誠司国土交通相の考え方をベースに当然議論されるべきだ。(高速道路の新料金制度について記者団に)

 ▽永田町の人脈

 舛添要一前厚生労働相 人脈がないのは誇るべきことだ。役にも立たない永田町の人脈なんて1人もいらない。世界中の人脈があったから大臣をやってこられた。(政界人脈に乏しいと言われることについて福岡市の講演で)

(20日)

 ▽管理できない

 鳩山由紀夫首相 情報管理といっても、正確でない情報が流れていることは管理のしようがない部分があると思う。(普天間問題をめぐる報道について記者団に)

 ▽愚直に

 江田憲司みんなの党幹事長 いろいろ新党ができているようだが、わが党としては右顧左眄することなくゴーイング・マイウエーで愚直に脱官僚、地域主権の政策を訴えていくしかない。(相次ぐ新党結成について記者会見で)

(21日)

 ▽新しい考え方で

 鳩山由紀夫首相 旧政権下で日米安保(体制)を大事にされた方々の気持ちは分かる。ただ新政権も新しい考え方で日米安保を大事にする。(米軍普天間飛行場移設問題に関連して党首討論で)

 ▽金はないが志は高い

 渡辺喜美みんなの党代表 わが党は自慢じゃないが金はない。金はなくても志は高い。志の高い候補者を(参院選に)どんどん立てるのでわれこそはと思う人は早めに申し出てほしい。(ニッポン放送のラジオ番組で)

(22日)

 ▽夜逃げ

 山岡賢次民主党国対委員長 自民党のエースと言われた方が夜逃げのような感じで出られてしまったことは、政治全体では寂しい感じがある。(舛添要一前厚生労働相の自民党離党について民主党代議士会で)

 ▽危険な姿

 山口那津男公明党代表 混乱の極み。国民が事故に巻き込まれかねない危険な政権の姿だ。政権運営の能力を欠いている。(高速道路料金制度をめぐる政府、与党の調整難航について記者団に)

(23日)

 ▽点検中

 鳩山由紀夫首相 皆さま方の活躍の割合に比して、政府が今日までしっかりやってきたのか。今そのことを点検中でございます。(バンクーバー冬季五輪、同パラリンピック入賞者への記念品贈呈式のあいさつで)

 ▽マスオさん新党

 自民党の茂木敏充幹事長代理 改革クラブに婿入りして、舛添新党というよりマスオさん新党なのかなと思っている。(舛添要一前厚生労働相が改革クラブメンバーと新党を立ち上げたことに関して記者会見で)

【関連記事】
鳩山首相のすり替えに違和感 「愚か」と「愚直」
鳩山首相、自ら「愚かな首相かも」発言 政府高官も困惑の表情
谷垣氏「首相は発言が軽い」 党首討論
石原知事、首相の弱い性格を指摘「あの人、訳の分からない敬語使う」
首相「最大の敗者」との米紙報道「非礼だ」 官房長官が不快感
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「中国人を送り込んだりできるんだぞ」女子大生を脅迫、容疑の男逮捕(産経新聞)
<雑記帳>「イルカのぼり」スイスイ 青森(毎日新聞)
舛添氏、新党結成は「詰めをやっているところ」(産経新聞)
「地球の自然感じることできてうれしい」 山崎さんが感謝の言葉(産経新聞)
ネット選挙解禁へ協議機関=与野党(時事通信)
posted by アベ マサル at 00:24| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。