2010年02月23日

法相、検察訓示で足利事件に言及 「真摯に受け止めて」(産経新聞)

 千葉景子法相は17日、全国の高検検事長、地検検事正が集まる検察長官会同で「刑が確定し、長期間服役していた方の再審が開始され、捜査、公判の在り方が深刻に問われる事例が発生した」と再審無罪が確定的な足利事件について触れ「真摯(しんし)に受け止め、適正な捜査の徹底に努めてほしい」と訓示した。

 樋渡利秋検事総長も「DNA鑑定の証拠価値を過大に評価し、慎重な配慮を欠いた取り調べが行われ、自白が真実でないことを見抜くことができなかった。基本に忠実な捜査、公判の重要性を肝に銘じる必要がある」と語った。

【関連記事】
「17年半はつらく苦しい毎日」菅家さんが陳述
足利再審 「無罪の言い渡しがされるべきことは明らか」論告全文
足利再審 突然の検事の謝罪 菅家さんの表情固く
検察側が菅家さんに無罪求刑、そして謝罪 足利再審
「謝って下さい、お願いします」菅家さん謝罪を懇願 足利再審

馥郁たる神の酒 大倉本家の酒造り(産経新聞)
民主離党の石川議員「一議員として職責果たす」(産経新聞)
桜の開花日 予想ばらばら 民間3機関(毎日新聞)
大阪府警、児童虐待事案をデータベース化へ(読売新聞)
強風30km規制届かず、130kmで疾走(読売新聞)
posted by アベ マサル at 00:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。